つながる木


f0110396_1730829.jpg

大好きな木、鎌倉八幡様の大銀杏が倒れたことは
やっぱり衝撃だった。小さな頃から会ってる木。



f0110396_16322097.jpg

熱海の来宮神社の大楠さんに初めて会いました。
コンパクトなデジカメでは納まらなかった大きさ。

来宮神社は、ダイコク様の名で親しまれている
【大国主命(おおくにぬしのみこと)】も御祭神(出雲大社と同じ☆)。
樹木と自然保護の神さまでもあるそう。



御神木 大楠   天変地異にも耐えた二千年
 二千年の樹齢にあやかり、古くからこの大楠を一廻りすると
一年寿命が延びると伝えられています。
 また、願い事のある人は思うことを誰にも云わず一廻りすると
願い事がまとまるとも伝えられています。


キノミヤ信仰 
古代の日本民族は、大きな木、岩、滝など巨大な自然創造物に神々が宿っていると信じ、
其の自然創造物の前で祭祀を行い、感謝し祈りを捧げる神籬磐境信仰を持っておりました。
 時が流れ建物の文化が進み、それらを中心に社殿、
鳥居が建立され神社が形成されたといえます。
 熱海鎮座の来宮神社は江戸末期まで『木宮明神』と称し、
現在の『来宮』ではなく、『木宮』の字で古文書等記されております。
 また伊豆地方に『キノミヤ神社』という社は十数カ所あり、
各社とも必ず千年以上の御神木があることから、
『木』に宿る神々をお祀りする神社として崇敬を集め、
古来生活文化に欠くことのできない
木に感謝する信仰を有しておりました。

 今から百二十年前の嘉永年間に熱海村に大網事件という
全村挙げての漁業権をめぐる事件が勃発し、その訴訟費等捻出のため、
境内に聳え立っておりました七本の楠のうち五本は伐られてしまいました。
 古記によると、残されているこの大楠をも伐ろうとして樵夫が大鋸を幹に
当てようとしたところ怱然として白髪の老人が現れ、
両手を広げてこれを遮る様な姿になると大鋸は手元から真っ二つに折れ、
同時に白髪の老人の姿は消えてしまったそうです。
これは神のお告げであるとして村人等は大楠を伐ることを中止致しました。
この木が即ち現在ある御神木であります。
来宮神社HPより』

f0110396_16432027.jpg
来宮神社には、大楠さんの他にも大きな木がたくさんいます。
一つ目の鳥居を過ぎると、緑の屋根。きもちよい風が通りぬけてる。

f0110396_16505427.jpg
大楠さんの後ろに回ったら、木が地面からきもちいいぐらいに割れて開かれたスペースがあって、そこはとっっても神聖なところ。
中に入りたかったなー〇そう、ここで眠りたい、っておもった。



熱海の来宮神社には、会いたいヒトもいて
久々に会って幸せな日々を感じさせてもらって。
わたしたちも幸せ〇


来宮神社の【こがし饅頭】大好物!!!
こがし麦の入った香ばしい、もっちりとした皮に甘さ控えめのこしあん〇
夕方には売り切れてしまうこともあるそう。はー食べたい
このお饅頭は、天狗さまの名でも知られる猿田毘古さんと縁のある食べ物。





大楠さんに会って、大銀杏さんの衝撃がもっと和らいだ。
ありがとうございます〇
[PR]
by soras_kamakura | 2010-04-04 17:31 | mar-iの日々

逗子を拠点に ヒーリングや自然療法などのケアを取り入れたペットシッターと動物のご相談やヒーリング・セラピー・フラワーエッセンス☆自分の”ほんとうのおもい”を感じ癒す人間向けセッションをしています☆大好きな動物☆音楽♪surfing♪みどり◎


by soras_kamakura
プロフィールを見る
画像一覧