被災動物・保護動物募金 寄付報告

近所のおいしいパンやさん パンヤコットさんに東日本大地震の後からずっと設置させていただいている
【被災動物・保護動物への募金箱】が、おかげさまで満タンとなりましたので、寄付させていただきました。

今回は、知り合いの WAN SHONANDAYさんが参加されているチャリティイベント 4th "ボクココ" ~東北の被災動物たちと保護犬たち~に伺って、みなさまからのあたたかいきもちと募金をいっしょにお渡ししてきました。

f0110396_12342813.jpg



お渡ししした募金は、仙台の被災動物を保護されているJASAさんと
 pawpads ~湘南いぬ・ねこの輪 にいる仔たちのごはん代、治療費に 使っていただくこととなりました。


いまも、被災地にはおうちに残され、必死に生きている動物たちがたくさんいます。
そして、そこにずっと通い続けてごはんをあげたり、お散歩したり遊んでくれているボランティアさんもたくさんいらしゃいます。
この続いている現実を忘れずに、支援を続けたいとおもっておりますので、
これからもどうぞよろしくお願いいたします。


そして、今年も我が家で仔猫をお預かりしています☆
センター(神奈川県動物保護センター)から、引き出し 里親さんを見つけるまでの間の
お預かりです。
みんな、個性豊かでかわいくないなんてこはいなくて、
ほんとうに毎日感動がいっぱいで、こちらが癒されています^^
f0110396_12592930.jpg

f0110396_1301486.jpg

f0110396_1303485.jpg

f0110396_1304746.jpg




現在、神奈川県の犬の殺処分は素晴らしいことに0ゼロとなりました。
職員の方、ボランティアさんのものすごい努力の成果です。
しかし、猫はいまだに多く殺処分され、そのほとんどが仔猫です。

平成24年度の犬猫殺処分数


仔猫の殺処分数は、仔犬の約7倍です。



野良猫さんにごはんをあげることが悪いことではなく、
ごはんをあげるなら不妊去勢手術をするのも愛。

猫のTNR(とらえて、不妊去勢手術をして、元の場所に戻す)の普及、啓蒙も同時進行ですが
現状では、里親さんが見つかるまでの預かりさんが増えると、
センターから出してあげられるこを増やすことができ・それは、殺処分されずに済むこと、です。
ので、生涯飼うことはできないけれど、スペースもあるし・・・
なんて方がいたら、ぜひ一時預かりさんをおすすめ、
いや、ぜひやっていただけたらな、とおもいます。


嬉しいことに、最近 猫に目を向ける方が増えてきたのを感じます!!
友人も、高速道路で仔猫を保護したことではじめて猫の現状を詳しく知って
何かしたいとおもった、とこころあつくなっていましたし、
ある方は、お母さまがずっとやりたかった猫のTNRの手伝いを始めた!と!

わんこの良き流れと共に、にゃんこたちの現状も多くの方が知り意識が高まる機会となり
みんなに光があたりますように◎

◎shanti animals shanti planet◎
[PR]
by soras_kamakura | 2014-06-18 13:03 | mar-iの日々

逗子を拠点に ヒーリングや自然療法などのケアを取り入れたペットシッターと動物のご相談やヒーリング・セラピー・フラワーエッセンス☆自分の”ほんとうのおもい”を感じ癒す人間向けセッションをしています☆大好きな動物☆音楽♪surfing♪みどり◎


by soras_kamakura
プロフィールを見る
画像一覧