ラピが里親さんのおうちへ行きました♪

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・・。・。・・。・。・・。・。・・。・

にゃんずネット横須賀は 公益財団法人どうぶつ基金
(佐上邦久理事長)が主催する
さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。


今回, 横須賀市内U地区多頭現場のさくらねこ
不妊手術事業を行うにあたり公益財団法人どうぶつ基金から
5頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。

公益財団法人どうぶつ基金に寄付
をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。


イメージ 1イメージ 2


・・・今、我が家でお預かりしている ラピは、にゃんずネット横須賀の活動に賛同・協力し、
おあずかりしている仔猫です・・・

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・・。・。・・。・。・・。・。・・。・。・。・・。・。・・。・


お預かりしていた、ラピ(男の子)がほんとうのおうちに行きました!!!


7月26日、マヤ暦で新年スタートの日からわがやでお預かりしていた仔猫
ラピ(男の子)とチェル(女の子)。

f0110396_199233.jpg


チェルが9月8日に里親さんのところへ行き、1匹になったら
どんどん甘えじょうずになり、いろいろ表現してくれるようになりました。
その変化は、本当にすごい変化でしたし、早い変化で驚きました!
「全然なれてないこ(ネコ)が1匹になったら、逆にものすごい甘えん坊になったりするんだよね~」
とは聞いていましたが・・・
ラピもまさしくそのタイプでした^^
そして、その急加速で家ネコちゃんに変化する中、
幼なじみがお知り合いにラピの写真を見せたところ、おうちに迎えたい!と言ってくださり、
ラピに会いにうちに来て頂き、そのままお届けとなったのでした♪


名前も、もう考えててくださって、
ラピは、”もなか”になりました!

お届けの道中も、おかあさんのおひざの上で鳴いていたラピ。
おかあさんを見ながら鳴く姿がかわいかったです。

おうちへ着くと、先住ネコのアズキくんが出迎えてくれました!
f0110396_1911127.jpg
ラピの耳が(笑!
このお部屋は、ネコのお部屋になっているそうです^^
押入れから、屋根裏に探検にもいけるし、ひなたぼっこもでき、お外を眺めることもできる・・・
最高のお部屋でした。


こちらの里親さんのところには、もともと2匹おうちにいたのですが、
娘さんが自立するときに1匹連れていったため、残ったアズキくんが遊び相手もいなくなりさみしそうで、
もう1匹迎えようと思っていたところ、ラピと出会ってくれたそうです◎

にゃんずネットでは、里親さんに完全室内飼いをお願いしておりますが、
アズキくんが、脱走歴があるとのことで、脱走対策も万全でした!
ラピもかなりやんちゃで、その素質充分とおもっていたので安心しました~


連休初日に、お見合い→お届け、というご希望も
ラピが慣れないところに来るのだから、
たくさんいっしょに居て様子を見てあげたほうがよいとおもって下さってのことでした。

里親さんのKさま、細やかなご配慮もほんとうにありがとうございます。
ラピは、しあわせものです!!!




Kさま、その日の夜にもさっそく状況メールを下さいました♪
そこには
f0110396_19323326.jpg
窓辺で黄昏ているもなかが^^

さっそく、おかあさんに抱っこしてもらってお膝でじっとしていたそう。
そして、お届けのときにも言ってくださっていた、アズキ兄さんとおそろいの首も
もうつけてもらったとのこと。

しつこいけれど、ラピはしあわせものです◎
ありがとうございます。

周りに声をかけて下さったり、シェアして下さったり、応援してくださっていたみなさま
そして、ご縁をつないでくれた幼なじみのみさ^^
ほんとうにありがとうございました。


日本は、先進国と言われているけれど、
他国に言われているように、本当に動物の扱いがひどいという現状にあります。


目の前の命をつなげる行動も続けたいですが、
動物の現状や、みんなの意識がどうあればしあわせな動物しかいなくなる世界になるのか、
を、伝えてゆく活動にもどんどん関わってゆきたいとおもいます。
これからの地球をつくってゆく、子供たちにも!


国の偉大さ、道徳的発展は、その国における動物の扱い方で判る  
                                  マハトマ・ガンジー

[PR]
by soras_kamakura | 2013-09-26 19:55 | 保護動物